言語選択(language select):
 

News (Japan)

AMILEC NEWS
123
2017/04/04

第20回メディア情報リテラシー教育研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
「世界報道自由デー」フォーラム
 (第20回メディア情報リテラシー教育研究会)

 一般社団法人アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)は、SDGs・ESD、ユネスコと公式に連携してメディア情報リテラシー(MIL)を推進しています。
 また、国連文明の同盟も積極的に推進しています。本年1月29日、EUと国連文明の同盟(UNAOC)はブリュッセルで世界中のジャーナリストとともに国際会議を開き、メディアにおけるヘイトスピーチ問題を議論しました。そして各国政府機関・メディアに対して勧告を決定しました。最初の項目はメディア・リテラシー教育の充実でした。また、ユネスコは昨年11月のグローバル・メディア情報リテラシー国際会議を開催し、主要な課題としてヘイトスペーチと過激暴力主義を取り上げました。
 本年の国連「世界報道自由デー」のテーマは「危機の時代の批判的精神ー平和的で公正、インクルーシヴな社会の発展のためのメディアの役割」です。アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センターはジャーナリスト団体、平和団体、ESD団体などと「世界報道自由デー」に関するフォーラムを開催します。
 今年の「世界報道自由デー」のテーマに合わせ、ヘイトスピーチとメディア・リテラシーについて、ジャーナリスト、学生、メディア・リテラシー教育関係者が語り合う機会にしたいと思います。

世界報道自由デー(ユネスコ) https://en.unesco.org/wpfd

仮「世界報道自由デー 」フォーラム概要 

日時 5月6日(土) 2時-5時 
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー3F マルチメディアスタジオ
   http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/ichigaya/index.html
主催 一般社団法人アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)
   法政大学図書館司書課程
共催 日本ジャーナリスト会議
   平和教育キャンベーン

主なスピーカー
 神奈川新聞 デジタル編集部編集委員 石橋学 
 毎日新聞新潟支局長 東海林智
 アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター  
  代表理事 坂本旬
 他

 第二部では、質疑応答、論議をしたいと思います。 

資料費 500円(法政大学教職員は無料)

◉進行
主催挨拶とコーディネーター紹介 長岡素彦(AMILEC) 
◉第一部 
◉第二部終了その後、飯田橋界隈で懇親会の予定

23:39 | 投票する | 投票数(1) | 会議・研究会
2017/03/22

MILID Yearbook 2017の論文投稿要項

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
MILID Yearbook 2017の論文投稿要項がユネスコのサイトに掲載されました。

テーマ 「危機の時代のメディア情報リテラシー:学びの再考への道」
プロポーサル締め切り 4月10日

テーマの解説

The year 2017 comes with a lot of challenges and major alterations taking place worldwide in the realms of politics, economy and social life. It has become more challenging than ever before to make sense of the abundance of information charged with agendas, hidden messages, fake news and leading frames. This does not concern only media but all forms of information including research findings on which important policy and decisions are based. Thus, understanding the media and making meaning of the information environments become an essential constituent of the learning process.

Perceived as a fundamental citizenship competency in the 21st century, MIL contributes to helping people understand how they come to know or learn, transforming information into acquired knowledge based on which decisions can be made.
Learning and information environments are giving more autonomy to learners, and all people, coupled with flood of information which is hard to verify. This difficulty of verification calls attention to the major issue of the immediacy of dissemination opposed to the quality of information. This challenge is further amplified when taking into account the interplay of sensationalism and propaganda, fake news and alternate facts for influence. The implementation of corrective measures through MIL for all necessitates equal access of women and men to MIL related capacity building.

We live in an era in which traditional approaches to learning and education are outdated. Synchronization between the rapid technological evolution, which shapes the environments of children and youth, and how they perceive and learn, has proven itself existent. Current education should prepare tomorrow ́s critical citizens who are to make informed decisions. Hence, acclimation of the mindsets of teachers, educators and academics emerges as a precondition to reinvent and transform the ways of learning in the current information environment. With the massive alterations educational frames are undergoing in our current societies, tweaking curricula and teaching methodologies accordingly to integrate the required skills becomes a necessity. With the objectives of and competencies provided by Media and Information Literacy, and the significance of its pedagogy, its integration to education comes to be inevitable as demonstrated impactful in the learning route.

Hence, MIL is believed to be transforming, reforming and reinventing the dynamics of learning in many countries and contexts. Intending to delve deeper and explore the main aspects of this change, “Media and Information Literacy in Critical Times: Re-imagining Ways of Learning” has been selected as the main theme for the MILID Yearbook 2017.

Proposed articles should be seeking response to one or more of the following questions which are regarded as a guide to the topics sought by the Yearbook 2017:

・ How has MIL introduced changes to the information environment and its different actors (individuals, organizations, content...etc)?
・What role does MIL play in helping citizens make sense of information combating phenomena such as fake news?
・ What impact can MIL have on addressing the issues of quality of information, sensationalism and the use of propaganda?
・What is the influence of MIL on lifelong learning and other types of learning?
・ How can curricula in schools be altered to further integrate MIL?
・How prepared are teachers and educators for such integration? And what type(s) of competences should teachers acquire to deliver tweaked curricula that have MIL as a core?
・What are the best teaching and learning methodologies to be sought?
・What are the new policies that should be adopted and implemented by educational
institutions? And what type of alterations can be introduced to existing policies?
・What kind(s) of research should be implemented in order to support MIL practices in
and out of schools?
・What evaluation tools and methodologies are essential to assess endeavors and
interventions of MIL in learning?

09:25 | 投票する | 投票数(0) | サイト情報
2017/02/15

第19回メディア情報リテラシー教育研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
第19回メディア情報リテラシー教育研究会

「ヘイトスピーチ・ヘイトニュースとメディア情報リテラシー 」

 ヘイトスピーチは世界的な課題です。1月29日、EUと国連文明の同盟(UNAOC)はブリュッセルで世界中のジャーナリストとともに国際会議を開き、メディアにおけるヘイトスピーチ問題を議論しました。そして各国政府機関・メディアに対して勧告を決定しました。最初の項目はメディア・リテラシー教育の充実でした。また、ユネスコは昨年11月のグローバル・メディア情報リテラシー国際会議を開催し、主要な課題としてヘイトスペーチと過激暴力主義を取り上げました。
https://www.facebook.com/junsakamoto.jp/posts/1389746454389110

日本でも「ニュース女子」をめぐる問題のように、ヘイト
スピーチのみならず「ヘイトニュース」問題として大きな注目を集めています。そして、ヘイトスペーチはネットを通して子どもや若者に大きな影響を与えています。ヘイトスピーチやヘイトニュースは民主主義の根幹に関わる問題であり、いまこそユネスコ・UNAOCが全世界で進めているメディア・リテラシー教育の必要性を議論するときだと言えるでしょう。
 
 今回の研究会は、ヘイトスピーチ・ヘイトニュース問題に取り組んでいるお二人のメディアの方を招き、日本におけるメディア・テラシー教育のあるべき姿について議論したいと思います。 第一部では神奈川新聞のデスクの神奈川新聞 デジタル編集部編集委員の石橋学氏と東京新聞の鈴木賀津彦氏からヘイトニュースについて述べてもらいます。また、コメンテーターの法政大学坂本旬教授は、メディア情報リテラシー教育の観点からヘイトスピーチ・ヘイトニュース問題について述べます。

 第二部では、質疑応答、論議をしたいと思います。

日時 3月25日(土) 14:00〜17:00
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス
   ボアソナードタワー3F マルチメディアスタジオ
   http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/ichigaya/index.html

主催 一般社団法人アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)
   法政大学図書館司書課程

後援 検討中

入場 無料 当日お越しください。

Facebookカレンダー

◉進行

主催挨拶とコーディネーター紹介 長岡素彦(AMILEC)

◉第一部 
◉第二部

終了

その後、飯田橋界隈で懇親会の予定

16:58 | 投票する | 投票数(2) | 会議・研究会
2016/11/20

「世界のメディア情報リテラシー教育の現状と課題」

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
AMILEC第18回研究会グローバルMIL WEEK参加企画
「世界のメディア情報リテラシー教育の現状と課題」 

 AMILEC第18回研究会は、11月初めにサンパウロで開催されたグローバルMILウィークの報告と同時に発表されたユネスコ『MILID YearBook 2016』の紹介をもとに、世界と日本におけるメディア・リテラシーと情報リテラシー教育の現状と課題を考えます。

 第1部は、グローバルMILウィークとGAPMILの現状の報告とヘイトスピーチに対抗するUNAOCのメディア・リテラシー教育政策やIFLAのMIL政策動向について報告します。また、11月末に公開されるユネスコYearBook2016についての紹介も行う予定です。また、情報リテラシーとは何か、その意味を確認するため、1999年に発売された米学校図書館協会監修「Know It All」第13巻「アクティブラーニングのための情報リテラシー基準」日本語字幕版を特別上映します。

 第2部は、第1部を受けて、今後の日本におけるメディア・リテラシーおよび情報リテラシー教育運動の方向性について、自由にディスカッションします。

第1部 グローバルMILウィークの報告 村上郷子
     学校図書館とメディア情報リテラシー 坂本 旬
第2部 ディスカッション

日時 2016年12月10日(土) 18:30〜20:30

場所 法政大学市ヶ谷キャンパス
ボアソナードタワー12階 キャリア・アクティブ・ラーニング・スタジオ(CALS)

主催 一般社団法人アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)
   法政大学図書館司書課程研究会(土曜会)

協力福島ESDコンソーシアム
https://www.facebook.com/fec.org/

入場 無料 当日お越しください。

◉進行
主催挨拶とコーディネーター紹介 長岡素彦(AMILEC)

その後、飯田橋界隈で懇親会の予定 


12:19 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2016/10/31

MIL WEEKのプログラム

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
11月2日からブラジルのサンパウロで始まるMIL WEEKのプログラムです。

MIL WEEK - INFORMATIONS (final).pdf
00:18 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2016/09/07

NAMLEメディア・リテラシー・ウィーク2016

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
全米メディア・リテラシー教育学会によるメディア・リテラシー・ウィークのお知らせです。

=========================================

FOR IMMEDIATE RELEASE
Media contact: Cynthia Lieberman

  
 
National U.S. "Media Literacy Week" 
Returns for Second Year
October 31 thru November 4, 2016
 
(New York, NY - September 6, 2016) - Media Literacy Week(#MediaLitWk) in the U.S. is being held October 31 - November 4, 2016. The mission of Media Literacy Week is to highlight the power of media literacy education and its essential role in education today.

Sponsored by Trend Micro and hosted by the National Association for Media Literacy Education (NAMLE), Media Literacy Week already has the support of numerous partnering organizations and dedicated, passionate media literacy experts and practitioners across the nation. Kicking off U.S. Media Literacy Week will be the Digital Citizenship Summit on October 28 at Twitter's San Francisco headquarters with panels and presentations highlighting the themes of "Citizenship, Literacy, and Advocacy."
 
Media Literacy Week is designed to bring attention and visibility to media literacy education in the U.S. Inspired by Canada's Media Literacy Week now in its 11th year, NAMLE is leading the efforts to create an annual media literacy week in the U.S that showcases the work of amazing media literacy educators and organizations nationwide and drives conversation that creates positive social change.
 
"The importance of media literacy is continuing to rise, especially given the increasing influence of mobile technologies, live streaming platforms and accelerated influx of tech use in the classroom, " said NAMLE Board Member, Lynette Owens, and Global Director, Internet Safety for Kids & Families Program, Trend Micro. "For these reasons and more, Trend Micro is thrilled to be a proactive participant with NAMLE in helping kids be safer and more responsible digital citizens during Media Literacy Week in the United States and beyond."
 
"It is vital in today's participatory culture for learners of all ages to understand how to access, analyze, evaluate, communicate, and create all forms of media especially in the midst of the presidential election season," explains NAMLE Executive Director, Michelle Ciulla Lipkin. "It is the mission of this year's Media Literacy Week to shine a spotlight on the power of media literacy education and its vital role in education today."
 
In an effort to raise national awareness of the escalating demand for media literacy education at home and in schools, affiliated Media Literacy Week partners are working with NAMLE to execute participatory events including #MediaLitWk classroom lessons, live webinars, tweet chats, screenings, PSAs and more.
 
"These are exciting times for media literacy education. We are fortunate to see people all over the country already making plans to get involved in U.S. Media Literacy Week on a local and national level," adds Lipkin. "We are exhilarated by the amazing ideas that have started to evolve by returning partners, teachers, and collective brain trusts. We look forward to watching the initiative's impact grow."
 
Organizations and Educators Welcome to Contribute

All are welcome to participate in Media Literacy Week efforts.
 
If you are an organization interested in being a Media Literacy Partner, email mlwpartners@namle.net.
 
If you are a teacher interested in getting involved, emailmlwteachers@namle.net.
 
If you are interested in sponsoring, email Michelle Ciulla Lipkin, Executive Director at mciullalipkin@namle.net.
 
It's up to each educator and organization to decide how they will participate, but given the proximity to the presidential election, NAMLE is encouraging the exploration of news literacy and civic engagement. For help planning, feel free to visit http://medialiteracyweek.us for tips and ideas or reach out directly to medialiteracyweek@namle.net.
 
About NAMLE (Host)
 
The National Association for Media Literacy Education (NAMLE) is a professional association for educators, academics, activists, and students with a passion for understanding how the media we use and create affect our lives and the lives of others in our communities and in the world. The NAMLE vision is to help individuals of all ages to develop the habits of inquiry and skills of expression they need to be critical thinkers, effective communicators and active citizens in today's world. For more information, visit www.namle.net.
 
About Trend Micro (Sponsor)
 
Trend Micro Incorporated, a global leader in security software, strives to make the world safe for exchanging digital information. Built on 25 years of experience, our solutions for consumers, businesses and governments provide layered data security to protect information on mobile devices, endpoints, gateways, servers and the cloud. Trend Micro enables the smart protection of information, with innovative security technology that is simple to deploy and manage, and fits an evolving ecosystem. All of our solutions are powered by cloud-based global threat intelligence, the Trend Micro™ Smart Protection Network™ infrastructure, and are supported by more than 1,200 threat experts around the globe.  For more information, visit TrendMicro.com.
 
Trend Micro's Commitment to the Internet Safety of Kids and Families

To support its vision of making the world safe for exchanging digital information, Trend Micro aspires to make a difference by using its expertise to make the world at large a better place. Trend Micro has made a commitment to make the Internet a great place for young people around the world through its world-wide education and volunteer program, grants and donations, and partnerships with those who share its mission. For more information visit: internetsafety.trendmicro.com.
 
@medialiteracyed
#medialitwk


02:13 | 投票する | 投票数(0) | サイト情報
2016/09/02

NAMLE2017発表者募集

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
NAMLE(全米メディア・リテラシー教育学会)2017年発表者の募集です。テーマは「Engaging Citizens, Building Community」




June 27-28, 2017
Chicago, IL
Roosevelt University
"Engaging Citizens, Building Communities"
Accepting Proposals for Presentations

The rapid development of new media technologies and cultures in today's society is reshaping what it means to be an engaged citizen.  From printed political pamphlets to television broadcasts of presidential debates, media have always played a part in politics.  In today's networked society, the public's participation in political processes and their use of media are increasingly interconnected.  Yet, public perceptions of both politics and the press are at an all time low and in this most recent election cycle, discerning fact from fiction from outright lies is a 24/7 challenge[1].  More than ever before, media literacy is a 'core competency for engaged citizenship in participatory democracy.' 
 
Our mission for the 2017 NAMLE Conference is to explore the relationship between media literacy education, civic participation and community building within our contemporary culture. We invite presentation and session proposals that address the conference theme of "Engaging Citizens, Building Community."
 
The 2017 NAMLE Conference will be held at Roosevelt University in Chicago, IL.  Founded on the principles of inclusion and social justice, Roosevelt is a private, student-centered university with 5,400 students located in the heart of the Windy City. During the conference, attendees will come together to discuss issues of media literacy education and civic engagement, as well as strengthen the community of scholars, practitioners, and educators interested in media literacy.
 
In an effort to provide a variety of opportunities for interaction, discussion and collaboration among our membership, the 2017 conference will include a range of events including plenary speakers, presentations from NAMLE members, special curated sessions, workshops and other exciting events, all related to the theme of "Engaging Citizens, Building Community." Topics addressed will include 
but are not limited to:
  • Media, activism and social change - Presentations will address the role of media in social movements and the relationship between media literacy education and social justice.
  • Youth media - Presentations will address youth media's potential for encouraging the rising generation of citizens to express themselves and engage with their communities.
  • Civic engagement - Presentations will examine the role of media in contemporary citizenship, including the development of new forms of civic discourse, political practice, advocacy, etc.
  • News Literacy - Presentations will address the importance of critically engaging with journalistic sources, especially in relation to contemporary politics.
  • Community & the 'Big Tent' - Presentations will explore the varied theoretical foundations, pedagogical practices, and areas of inquiry in the field of media literacy education, and seek to identify connections that might strengthen the media literacy community.
PRESENTATION FORMATS
Potential proposal submissions will include individual presentations, group discussions, interactive workshops and other innovative formats. We encourage scholars, educators, media professionals, students, and activists interested in furthering media literacy education to prepare a submission. Proposals will be given special consideration if they (1) articulate concrete connections to the conference theme, and (2) demonstrate the potential for dynamic discussion and shared discovery.
 
Presenters can select from the following submission formats:
  • Individual Presentations (15 min) - This format allows individuals to share research and practice related to the conference theme of "Engaging Citizens, Building Community." Individual presentations may be organized into a session with presentations that address a related theme or into a "Dialogues" session (see below).
  • Group Discussions (60 minutes) - This format allows for 3-4 participants to present related research or projects. These group discussions can be organized as panel presentations or interactive workshops.
  • Flash Talks (5 minutes)- This format showcases innovative ideas, projects, and research in the areas of media literacy education. The format, modeled after Ignite (www.ignitetalks.io), challenges presenters to clearly and succinctly explain their work or ideas in just 5 minutes, potentially leading to new collaborative partnerships among conference attendees and presenters. 
CURATED SESSIONS
In addition to traditional sessions, the conference organizers will curate some new activities and session formats to engage conference attendees:
  • Dialogues -  These sessions place two presenters with complimentary themes in dialogue with each other. Individual proposals will be selected and paired with each other by conference organizers. Dialogues may partner a theoretician with a practitioner, an educator with an activist, a media creator with a community organizer, etc.  The objective of these sessions is to facilitate critical conversations about key issues within the media literacy community. Proposals accepted to participate in a 'Dialogues' session will be required to submit a written draft of their presentation at a later date. These drafts will be made available to conference attendees via the NAMLE website previous to the conference. Each session will have a moderator who will guide the dialogue between presenters and attendees.
  • Compelling Models - These sessions will allow organizations including research centers, youth media organizations, tech-focused and community-based organizations, etc. to share innovative ways in which they are advancing media literacy principles through a variety of fields. Organizations are encouraged to submit proposals for innovative and interactive 'Group Discussions' that showcase their particular work.
  • Community-Building-These sessions will organize conference attendees by their particular area of interest (including PK-12, undergraduate education, research & scholarship, youth media, etc.). Discussion leaders will design sessions that encourage the creation of community within these areas, encouraging individuals to connect, share their work, and have critical conversations about specific issues related to their areas of interest.
HOW TO SUBMIT
Download a proposal template. Use the online template to describe your proposed session. Make sure your proposal is formatted as a PDF document to be sent as an email attachment. Indicate the authors' names, affiliations, email addresses, contact information and presentation format in the EMAIL ONLY. Do not include identifying information in the proposal itself. Presentations will undergo a blind review, and then be organized by the conference committee into general and curated sessions.
 
Submit your proposal to: submissions@namle.net no later than January 4, 2017, 11:59pm PST
 
Because NAMLE is a not-for-profit organization, the financial viability of the conference depends on the support of everyone who attends. Invited participants are required to register for the conference when they accept their invitation. Invitations will be sent in March following the conference committee's peer-review and selection process. Registration information will be available on the NAMLE and conference website at that time.
 
All accepted proposals will be required to submit an engaging image/video and <100 word abstract that will be used to promote the presentation on NAMLE's website and social media presence.
 
Selected research presentations from the conference will be invited for publication in the Journal of Media Literacy Education.

Any questions?

Please email submissions@namle.net


[1] See "Campaign Exposes Fissures Over Issues, Values and How Life Has Changed in the U.S." Pew Research Center, Washington, D.C. (Mar 31, 2016) http://www.people-press.org/2016/03/31/1-views-of-the-primaries-press-coverage-of-candidates-attitudes-about-government-and-the-country/
 
07:37 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2016/08/29

第17回メディア情報リテラシー教育研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
第17回メディア情報リテラシー教育研究会

AMILEC第17回MIL研究会は「関係性の教育学会」と共催で「MILと国際交流学習〜英語教育の可能性を考える」をテーマとします。本研究会を通してメディア情報リテラシー教育と英語教育の可能性について改めて議論したいと思います。

 第一部では、当団体理事長坂本旬によるMILと異文化間対話に関する解説のあと、坂本ひとみ東洋学園大学教授が国際交流学習と英語教育についてお話をいただきます。
 第二部では、福島ESDコンソーシアムの小学校でのメディア・リテラシー教育実践や福島での小学校での英語教育実践をもとに、交流学習、デジタル・ストーリーテリングワールドミュージアム・プロジェクトやアクティブ・ラーニング・次期学習指導要領についての質疑応答、議論をしたいと思います。

日時 2016年9月24日(土) 18:30〜20:30

場所 法政大学市ヶ谷キャンパス
   ボアソナードタワー14階 資格課程実習室(精密)
主催 一般社団法人アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)
   法政大学 坂本旬研究室
共催 関係性の教育学会

協力福島ESDコンソーシアム
https://www.facebook.com/fec.org/
https://www.facebook.com/events/1730363057227367/

後援 検討中

入場 無料 当日お越しください。

◉進行
主催挨拶とコーディネーター紹介 長岡素彦(AMILEC)

◉第一部 (60分)
◉第二部 (60分)

終了

その後、飯田橋界隈で懇親会の予定




23:13 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2016/08/19

MILウィーク・キャンペーン

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
メディア情報リテラシー・ウィークを広めるためのキャンペーンが始まりました。

Support call for an internationally recognized Global Media and Information Literacy Week




18:53 | 投票する | 投票数(2) | 記念日
2016/08/11

アフリカMILセンター大学生向けのMILワークショップ

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
アフリカMILセンターが大学生向けのMILワークショップを開催しました。

http://www.africmil.org/cmil-kenya-holds-mil-workshop-for-university-students-in-nairobi/
13:06 | 投票する | 投票数(0) | ニュース
2016/08/03

ユネスコMILアンケート

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
ユネスコによるMILアンケートです。ご協力をお願いします。

https://www.surveymonkey.com/r/mileducators
22:25 | 投票する | 投票数(0) | サイト情報
2016/07/09

ユネスコ グローバルMILウィーク2016

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto



10月31〜11月5日 ブラジル・サンパウロで開催されるユネスコ・グローバルMILウィーク参加登録の締め切りは8月30日です。詳細は以下のリンクを参照してください。

http://en.unesco.org/global-mil-week-2016
22:23 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2016/07/08

2016年Global MIL WEEK論文と発表者の募集

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
2016年Global MIL WEEK論文と発表者の募集です。

テーマ メディア情報リテラシー〜新しい異文化間対話のパラダイム
日程 2016年10月31日〜11月5日
場所 ブラジル・サンパウロ
応募〆切 8月5日

詳細は以下のページをご覧ください。

Global MIL Week 2016: UNESCO calls for papers and presentations
01:19 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2016/07/06

FCT第19回メディア・リテラシー研修セミナー

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
FCTメディア・リテラシー研究所の研修セミナーのご案内です。
詳細はこちら

FCT第19回メディア・リテラシー研修セミナー
メティアが語る「世界」ってナニ?

メディアはいろいろな「世界」を私たちに提示しています。行ったことのない地域の自然や文化、普段あまり目に見えることのない業界の裏側のような実際の「世界」もあれば、ファンタジーのような実際には存在しないはずの「世界」、そして思想のような実態を持たない「世界」をイメージと表現することもあるでしょう。
 そのようなメディアを通して私たちのなかに形成された「世界」は、私たちのものの考え方や行動に影響しているのではないでしょうか。
 第19回FCT研修セミナーでは、さまざまな「世界」を映し出しているメディアを分析することを通して、私たちのなかにある「世界」についてふり返り、メディア・リテラシーを育成します。
 「参加と対話」で学ぶ研修セミナーにご参加をお待ちしています。

日 程 2016年8月20日(土)9時30分~16時40分
日 程 2014年8月21日(日)9時45分~16時40分 
会 場 大阪教育大学 天王寺キャンパス内
参加費 一般10,000円、大学生・院生・FCT会員5,000円、中高生500円(資料代含)
* 二日間を通しての参加が基本ですが、事情により一日のみの参加も可能。
その場合、参加費は一般6,000円、大学生他3,000円、中高生500円
テキスト『最新Study Guideメディア・リテラシー入門編』(リベルタ出版、2013年)
定 員 30人+中高生若干名
申込み方法 申込書に記入のうえ、Eメール、ファクスでお願いします。
申込み先及び問い合わせ先
    Eメール info@mlpj.org  FAX 0466-81-8307

NPO法人FCTメディア・リテラシー研究所
〒231-0001神奈川県横浜市中区新港2-2-1
横浜ワールドポーターズ6階 NPOスクエア内
            http://www.mlpj.org

主催 NPO法人 FCTメディア・リテラシー研究所
共催 大阪教育大学メディア・リテラシー教育研究会



01:37 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2016/06/29

2017年NAMLEシカゴ大会

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
2017年のNAMLE大会は6月27・28日にシカゴで開かれます。
テーマは“Engaging Citizens, Building Community”です。

詳細は以下のリンクをご覧ください。

         2017年NAMLE
00:09 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2016/05/19

第16回MILワークショップ「メディアを乗り越えよう」

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
第16回MILワークショップを下記の要領で開催いたします。

ワークショップ:メディアを乗り越えよう―現代プロパガンダを分析する
主催:法政大学図書館司書課程
共催:アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)
日時:2016年6月10日(金) 18:30〜20:30 
 (受付は18:00より)
プレゼンター:ルネ・ホッブス
 (アメリカ・ロードアイランド大学)
コーディネーター:村上郷子(法政大学)
資料代:1000円(法政の教職員・学生は無料)
進行:
 (1)主催挨拶とコーディネーター紹介
 (2)ルネ・ホッブス先生のワークショップ
 (3)質疑応答とディスカッション
 20時30分頃終了
 その後、飯田橋界隈で懇親会の予定
 配布用 「メディアを乗り越えよう」ビラ.pdf
   Media Education Labの記事
   
Hobbs Talks on Media Literacy in Toyko and Fukuoka, Japan

 NAMLE(全米メディア・リテラシー教育学会)設立以来の有力メンバーであり、世界のメディア・リテラシー教育研究の第一人者ルネ・ホッブス先生が東京に立ち寄ってくださいます。そこで「メディアを乗り越えよう―現代プロパガンダを分析する」と題して、ホッブス先生によるワークショップを実施することになりました。(プロフィールは下の「続きを読む」をクリックしてください。)

 平日ではありますが、ご関心のある方ははぜひお越しください。なお、予算の関係で手弁当の簡単な通訳は行いますが、プロの通訳はつけることはできないことをご了承ください。

        ==========================

ホッブス先生からのメッセージ 

 このワークショップでは、現代プロパガンダの新しい形態に対抗するための、学習者の批判的思考とコミュニケーションスキルを身につけます。クチコミ型メディアやコンテンツ制作も含みます。プロパガンダは有益かも有害かもしれませんが、プロパガンダを理解し、それがどのように私たちの感覚や態度、行動に影響をもたらすのか議論することが大切です。

 ワークショップでは次のサイトを用います。
   http://mindovermedia.tv

 サイトのコンセプトと使い方は次のビデオをご覧ください。
          https://youtu.be/JVvXdtHHMWo

   

 皆さんと一緒に実際の日本の素材を用いて進めたいと思います。

        ==========================

場所
法政大学市ヶ谷キャンパス・ボアソナードタワー3階 マルチメディア・スタジオ
※工事中のため、場所がわかりにくくなっています。ボアソナードタワー側の入り口からお入りください。
 

18:30 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2016/04/16

第15回メディア情報リテラシー研究会のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
第15回メディア情報リテラシー研究会を下記の内容で開催いたします。

主催
AMILEC+法政大学図書館司書課程
日時:
2016年5月7日(土) 15:00〜17:00
発表者:森本洋介(弘前大学)

「『メディア・リテラシー教育と出会う』がもたらす日本のメディア・リテラシー教育への示唆」

内容:
 
ホッブス , R.・クーパー・ムーア , D 著『メディア・リテラシー教育と出会う―小学生がデジタルメディアとポップカルチャーに向き合うために』がこの 4 月に弘前大学出版会から刊行されました。本書は昨年 9 月に東京学芸大学出版会から刊行された『デジタル時代のメディア・リテラシー教育:中高生の日常のメディアと授業の融合』の姉妹編にあたるもので、今回は特に小学生を対象としたメディア・リテラシー教育のあり方について理論と実践例を交えた主張が展開されています。本書にはスクール・ライブラリアンとの協働についても記述されており、学校図書館関係者にとっても興味深い内藤となっています。本研究会では、本書の内容について外観するとともに、日本の初等教育におけるメディア・リテラシー教育の方向性に関する示唆について意見交換します。
 なお、6月10日夜、ホッブス氏の来日に合わせて講演会を企画中です。詳細は追ってお知らせいたします。

場所:法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー14階 資格課程共同実習室(精密)

参加費:無料 当日お越しください。

地図:




17:17 | 投票する | 投票数(1)
2016/03/21

第2回欧州メディア情報リテラシーフォーラム

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
第2回欧州メディア情報リテラシーフォーラム
6月27〜29日@ラトビア・リガ ラトビア国立図書館
詳細はこちら 

テーマ 「民主的、透明性、オープン、セキュアでインクルーシブな情報環境のための市民の批判的コンピテンシー」 

the Second European Media and Information Literacy Forum (EU-MILINFO II), 27-29 June, Latvia

the theme “Media and Information Literacy in Europe: Citizens’ Critical Competencies for a Transparent, Open, Secure and Inclusive Information Environment”


20:32 | 投票する | 投票数(0)
2016/03/09

国際コミュニケーション学会の開催

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
今年の国際コミュニケーション学会は、6月9〜13日に福岡で開催の予定です。「子ども・青年とメディア」分科会はメディア・リテラシー教育もテーマに含まれます。

66th ICA Annual Conference

9-13 June 2016 in Fukuoka, Japan

http://www.icahdq.org/conf/index.asp




02:02 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2016/02/26

第14回MIL研究会 市民メディアとメディア・リテラシー教育の可能性

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
第14回MIL研究会は「311大震災から5年 市民メディアとメディア・リテラシー教育の可能性を考える」をテーマとします。本研究会を通して、メディア・リテラシー教育の意義について改めて議論したいと思います。
 第一部では、地球対話ラボの渡辺裕一氏が宮戸島とアチェ・被災地の子ども交流活動について、武蔵大学の松本恭幸氏がコミュニティメディアが、東日本大震災で果たした役割について報告します。
 第二部では、当団体の理事長の坂本旬が福島ESD コンソーシアムのメディア情報リテラシーのプロジェクトについて報告するとともに、この活動に関する映像を上映いたします。

日時 2016年3月26日(土) 14:00〜16:30

場所
法政大学市ヶ谷キャンパス マルチメディアスタジオ(ボアソナードタワー3階)

主催
一般社団法人アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)
法政大学 坂本旬研究室

後援 検討中
入場 無料 当日お越しください。

◉進行
主催挨拶とコーディネーター紹介 長岡素彦(AMILEC)

◉第一部 (60分)

(1)「宮戸島とアチェ・被災地の子ども交流活動 〜未来への対話〜」 NPO法人地球対話ラボ 渡辺裕一

東日本大震災で津波被害の大きかった宮城県東松島市宮戸島。NPO法人地球対話ラボは、この島にある宮戸小学校と協働で、スマトラ沖大地震被災地のインドネシア・アチェ州の子どもたちと交流するプロジェクトを実施してきました。残念ながら、142年もの歴史ある島で唯一の小学校は、2016年3月をもって閉校となります。2012年度から同校と協働で行ってきた活動も一区切りとなりました。インターネットテレビ電話による子ども対話、美術造形活動、若者サポーターの相互訪問などの活動を、映像とともに報告します。

(2)『コミュニティメディアの新展開…東日本大震災で果たした役割をめぐって』  武蔵大学 松本恭幸

 「3.11」の後、被災地では既存のマスメディアに以外に、多くの地域メディア、市民メディアが被災した地域コミュニティの人達に必要な情報を伝え、また被災地支援に向けて様々な情報を国内外に発信した。こうした地域コミュニティに依拠した地域メディア、ネットで繋がった機能(テーマ)型コミュニティに依拠した市民メディアが、「3.11」後の被災地でどのような役割を担い、そして(これからの復興や新たな防災の仕組みづくりに向けて)どのような課題を抱えているのかについて報告したい。

(3)質疑応答とディスカッション

◉休憩(10分)

◉第二部 福島ESDコンソーシアムと上映会 (80分)
(1)福島ESDコンソーシアムの活動について
(法政大学 坂本 旬)

福島ESDコンソーシアムは学校、図書館・公民館・博物館、企業・NPO、市民メディアの協働をめざしています。同コンソーシアムによるユネスコの二つの教育プログラム「持続可能な開発のための教育」(ESD)と「メディア情報リテラシー」(MIL)を融合する取り組みを紹介します。一つは学生による被災地の取材活動、そしてもう一つは同じ震災を経験したネパールと福島の小学校とのビデオレターによる交流です。ネパールと福島の子どもたちの交流は地元のテレビや新聞にも大きく取り上げられ、大きな話題となりました。また、郡山コミュニティFM(ココラジ)でも放送されました。

(1)『福島浜通り・人々の生活』(15分)
(法政大学学生・地域学習支援士実習)

法政大学は「地域学習支援士」実習と一環として、坂本ゼミと協力しながら、毎年福島浜通り地域を取材しています。本作品は今年度の学生たちが制作したものです。

(2)『届け!僕たちのエール〜福島から世界へ』
(岡崎裕康・毎日映画社)(30分)

同コンソーシアムに参加する毎日映画社は飯舘村から情報を発信する福島インターネット動画放送局「きぼうチャンネル」(http://kibou-ch.com/)を昨年12月に開局しました。同社が福島とネパールのビデオレター交流を取材し、ドキュメンタリーにしたものが本作品です。

(3)ディスカッション

16時30分終了
その後、飯田橋界隈で懇親会の予定

20:16 | 投票する | 投票数(0)
2016/02/12

第1回福島ESDコンソーシアム成果発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
県内でESD(よりよい世界と地域のための教育)に取り組むユネスコ・スクールや学校、自治体、企業・NPO、社会教育関係者が集う福島ESDコンソーシアム(FEC)の第一回成果報告会が開催されます。

FECはユネスコのメディア情報リテラシー教育プログラムを積極的に活用する世界で初めてのESDコンソーシアムです。国連SDGs(世界と地域をよりよくするための目標)に向けたメディア情報リテラシー教育実践の成果を報告します。

日時:平成28年2月20日(土)10:00~17:30
場所:郡山市中央図書館(視聴覚ホール)

主催:福島 ESD コンソーシアム・法政大学
共催:福島大学うつくしまふくしま未来支援センター
後援:日本ユネスコ国内委員会、福島県教育委員会、 郡山市教育委員会、須賀川市教育委員会(予定)
協力:NPO 法人国際学校建設支援協会

お申込みの方は、「お名前・電話番号・E-mail アドレス・ご所属」を明記のうえ、ご送信ください。
メール:fec2016@shikaku.i.hosei.ac.jp FAX:03-3264-4360

20:13 | 投票する | 投票数(0) | ワークショップ・講演会
2016/01/14

2016年版ユネスコMILID年報論文募集

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
2016年版ユネスコMILID年報の論文募集中です。
プロポーサルの締め切りは1月31日。詳細は以下のサイトを参照。

Call for Papers – Media and Information Literacy: Reinforcing Human Rights, Countering Radicalization and Extremism
01:48 | 投票する | 投票数(0) | サイト情報
2016/01/05

東京文化資源会議 第2回公開シンポジウム

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
<東京文化資源会議 第2回公開シンポジウム>
「2030東京ビジョン― 3区長、大いに語る」の開催について

1 主催:東京文化資源会議
  共催:朝日新聞社

2 日時:2016年2月4日(木)午後1時~3時(入場12時半)
  場所:有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11階)(定員600人)

3 趣旨

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控えて、様々な準備が始められています。その中でも文化プログラムは、リオの大会終了直後から開始され、オリンピックを一過性のイベントに終わらせず、開催国日本の文化レガシーを形作るうえで重要な役割を担うことになります。
 東京への国内外の訪問客の増加が今後見込まれる中で、東京都心北部に位置する千代田区、文京区、台東区の3区は、そこに蓄積された世界規模の文化資源の多様さ・豊富さにおいて、文化プログラムの実施にあたって重要な地位を占めることは疑いありません。
 今回のシンポジウムでは、2020年東京オリンピック・パラリンピックの文化的・都市論的意義、文化プログラムにおける東京文化資源区構想の役割、文化プログラムの実質を担う東京3区トップの意気込みと連携を示す場となります。

4 構成(全2時間)

(1)開会の辞及び御来賓挨拶(5分)
伊藤滋(東京文化資源会議会長、早稲田大学特命教授)
青柳正規(文化庁長官)

(2)基調講演 「東北の再生と東京オリンピック」(30分)

隈研吾(建築家、東京大学教授)

(3)パネルディスカッション

①報告1:ロンドンがめざしたスポーツ文化レガシー(10分)
山嵜一也(山嵜一也建築設計事務所代表)
②報告2:東京文化資源区構想:その背景と概要(15分)
吉見俊哉(東京大学教授)
③ディスカッション:東京のカルチャーを楽しむ(60分)
石川雅己(千代田区長)
成澤廣修(文京区長)
服部征夫(台東区長)
山嵜一也
吉見俊哉:司会

5 参加方法
①       参加費:無料
②       申込先:下記東京文化資源会議ホームページのイベント欄
             http://tohbun.jp/event/
③       応募締切:1月20日(水)、但し満員になり次第締め切ります。
12:53 | 投票する | 投票数(0) | ワークショップ・講演会
2015/11/09

第13回MIL研究会「図書館とメディア情報リテラシー」

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
ユネスコの「メディア情報リテラシー」はメディア・リテラシーと図書館教育の中で推進されてきた情報リテラシーをつなぎあわせた複合的なリテラシーです。国際図書館連盟の「学校図書館ガイドライン第二版」にもメディア情報リテラシーという用語が入ることとなり、今後図書館界でも注目をあびることになるでしょう。

 今回の研究会は、情報リテラシーのコンセプトを推進してきた日本図書館協会の野末俊比古図書館利用教育委員会委員長、高橋恵美子学校図書館部会長、そして今年の学校図書館問題研究会全国大会でデジタル・ストーリーテリングのワークショップを開催した学図研神奈川支部の笠川昭治氏をお招きし、公共図書館や学校図書館から見たメディア情報リテラシーの意義と可能性について話し合いたいと思います。

発表者:野末俊比古(青山学院大学)
    高橋恵美子(法政大学)
    笠川昭治(学校図書館問題研究会神奈川支部)
コーディネーター:坂本旬(法政大学)

場所:法政大学市ヶ谷キャンパス
ボアソナードタワー3F マルチメディアスタジオ
アクセスマップ

日時:12月12日(土)19:00〜21:00

参加費:無料

終了後に懇親会(参加費:3000円(予定))を市ヶ谷周辺で行う予定です。

20:35 | 投票する | 投票数(0)
2015/10/15

『21世紀型学力=メディア・リテラシー-授業の方略を探る』

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
小金井祭 出版記念フォーラム
『21世紀型学力=メディア・リテラシー -授業の方略を探る』

2015年11月1日(日) 13:00~16:30

東京学芸大学 C棟203教室
   〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1

 メディア・リテラシーとは、メディア情報の読み書き能力、21世紀型学力の一つです。そこで、デジタル・ネイティブの中高生の日常にも役立つ授業の方略について、二つの観点から考えるフォーラムを企画しました。一つは、東京学芸大学出版会から翻訳が出版された『デジタル時代のメディア・リテラシー教育:中高生のメディア経験と授業との融合』(ホッブス著)から、アメリカでのアプローチを見ていきます。もう一つは、日本の大学の取り組みとして、4人の先生方をお招きし、ネット社会において重要な「他者」をキーワードとしたメディア実践をご紹介いただきます。授業の方略をご一緒に考えて参りましょう。

  予約受付なし   当日参加     参加費 無料

お問い合わせ先: 東京学芸大学 中村純子 ZXH01126@NIFTY.COM

 <プログラム>

1 はじめに  「従来のメディア・リテラシー教育の課題とこれから」東京学芸大 中村純子
2 書籍紹介
  ルネ・ホッブス著『デジタル時代のメディア・リテラシー教育
           中高生のメディア経験と授業との融合』学芸大出版会
  著者紹介・本書の概要:法政大学 村上郷子
             東京学芸大 和田正人
  内容紹介:FCT理事 田島知之
       武蔵野学院大学 上松 恵理子
  講評:前・東京学芸大学学長 東京学芸大学出版会理事長 村松泰子

  <休憩>

3 日本の大学におけるメディア・リテラシーの展開と実践例
  「『他者』とメディア・リテラシー ~メディア実践の可能性」
       関西大学    村田麻里子
       愛知淑徳大学  宮田雅子
       広島経済大学  土屋祐子
       福岡女学院大学 林田真心子
4 質疑応答
5 おわりに  中村純子

14:01 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2015/09/23

ソーシャルグッド・サミット2015 東京ミートアップ

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
ソーシャルグッド・サミット2015 東京ミートアップ
「持続可能な開発目標(SDGs)いよいよスタート!-日本発・世界の課題解決の先端へ」

国連開発計画(UNDP)では、新しいメディアや技術を用いた、社会課題の解決策を学び、促進していくために、今年も世界各地でソーシャルグッド・サミット(Social Good Summit: SGS)を開催いたします。

日時:2015年9月28日 (月) 18:30-20:30  (開場 18:00)
場所:東京ウィメンズプラザ  (東京都渋谷区神宮前5丁目53-67) 地図
主催:国連開発計画(UNDP)
共催:なんとかしなきゃ!プロジェクト
     株式会社ソーシャルカンパニー
協力団体:一般社団法人ボランティアプラットフォーム
              NPO法人ミラツク

詳細はUNDPのページをご覧ください。


12:29 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2015/08/25

第12回MIL研究会「平和・持続可能な開発とメディア情報リテラシー」

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
 ユネスコは、平和や多文化共生、持続可能な開発を理念とする民間の組織や団体とともにさまざまな活動を行ってきました。
 AMILECが唱導するメディア情報リテラシー(MIL)教育運動もまたその一翼を担うことを期待されています。しかし、こうした民間活動とユネスコMIL活動の接合や協働は十分とはいえません。
 そこで、今回のAMILEC研究会は、こうした理念を掲げて活動する民間団体とともにユネスコのMILの可能性について話し合いたいと思います。

話題提供1 坂本旬(法政大学教授、AMILEC理事長)
 日本におけるユネスコESDとMIL教育の融合の可能性について現状を紹介します。

話題提供2 長岡素彦さん(NPO「持続可能な開発のための教育の10年」推進会議(ESD-J)理事)
 ESD-Jは「持続可能な開発のための教育の10年」を推進するために市民が政府・行政に先駆けて設立したNGOのナショナルセンター。これまでのユネスコESDの活動と今後の見通し、そしてMILへの期待について話していただきます。

話題提供3  淺川和也さん(平和教育地球キャンペーン、NPOブリッジ・フォー・ピース(BFP))
 NPOブリッジ・フォー・ピース(BFP http://bridgeforpeace.jp/)は映像を用いて日本とフリッピンや韓国などの第二次世界大戦の戦争を積極的に取り上げてきた民間団体です。平和文化活動の観点からMILへの期待について話していただきます。
 

 コーディネーター 小山紳一郎さん((公財)ラボ国際交流センター理事、明治大学大学院兼任講師)

 かながわ国際交流財団で、長年国際理解教育や多文化共生に関する調査研究に携わる。メディア・リテラシーにも造詣が深く、研究誌「メディアリテラシーと開発教育」(開発教育協会)の企画では編集アドバイザーを務めた。

日時 2015年9月26日(土) 18:30〜21:00

場所 法政大学キャリア情報ルーム(市ヶ谷キャンパス55年館2階)
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/ichigaya/index.html

※工事中のため、わかりにくくなっております。古い校舎の2階学生ホール吹き抜けの近くにあります。

主催 法政大学坂本旬ゼミ
   一般社団法人アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター
   (AMILEC) http://amilec.org/

共催  ESD学校教育研究会
後援 平和の文化をきずく会(予定) 

入場 無料 当日お越しください。

◉進行
18:30 主催挨拶とコーディネーター紹介 菅原真悟(AMILEC事務局長)
コーディネーター挨拶と本研究会の趣旨  小山
19:00 話題提供①坂本 MILとESDの融合に関する経緯
19:20 話題提供②長岡 ESD実践の現状からMILの可能性について
19:40 話題提供③浅川 平和の文化の教育活動の現状からMILの可能性について
20:00 質疑応答と全体討論
20:30 まとめ
20:45 終了
21:00 懇親会



22:33 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2015/08/12

ソーシャルメディア時代のメディア・リテラシー

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
日本教育メディア学会企画委員会企画ワークショップ
ソーシャルメディア時代のメディア・リテラシー

世界中のあらゆる情報が、いつでもどこでも手に入り、誰もが発信者となり、誰とでも交流することができる社会にな面、様々な課題も出てきています。本ワークショップにおいては、「ソーシャルメディア時代のメディア・リテラシーとは」という問いをもとに、今後の研究課題や教育への展開について議論したいと考えています。

■ 日時 2015年9月5日(土)13:30~17:00(終了後懇親会)

■ 場所 東京ユビキタス協創広場CANVAS(東京都中央区新川2−4−7)
 http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/tokyo/index.html

■当日のスケジュール
1. 趣旨説明(中川一史)

2. 講演
 講演1 中橋雄氏(武蔵大学):ソーシャルメディアの特性を考えさせる教材の開発
 講演2 宇治橋祐之氏(NHK放送文化研究所):ソーシャルメディア利用の現状と教育番組の取り組み
 講演3 鈴木謙介氏(関西学院大学):ソーシャルメディアと“発信させられる”こと――メディア・リテラシーへの注意

3. グループディスカッション
 「検討:ソーシャルメディア時代のメディア・リテラシー」
 「もう少し聞きたい」「質問したい」講演者のまわりに車座になって語り合う機会をつくります。

4. パネルディスカッション
 「再考:ソーシャルメディア時代のメディア・リテラシー」
 司会:佐藤幸江氏
 パネリスト:中橋 雄氏、宇治橋祐之氏、鈴木謙介氏

5. まとめ(前田康裕氏)

参加費は無料です。懇親会費は別途かかります(4000円〜5000円程度)。
また、学会員でなくても参加できます。
参加を希望される方は、件名を「教育メディア学会ワークショップ参加」として、
「名前」「所属」「懇親会参加の有無」を本文に記載の上、8月31日までに
hitorin@hitorin.com宛にメールをお送りください。


14:24 | 投票する | 投票数(0)
2015/08/12

メディア・リテラシーの講演

Tweet ThisSend to Facebook | by wada

14:16 | 投票する | 投票数(0)
2015/08/03

メディア・リテラシーのセッション開催

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
日本教育工学会全国大会のメディア・リテラシーのセッション
日時 2015年9月23日(水)14:10-16:40
場所 電気通信大学(調布)
SIG-08 【新規】メディア教育・メディアリテラシー(仮称)
コーディネータ:中橋 雄(武蔵大学),宇治橋祐之(NHK放送文化研究所),浅井和行(京都教育大学)
詳細は以下をご覧下さい
http://www.jset.gr.jp/taikai31/announcement_app/announcement_app_01.php
18:30 | 投票する | 投票数(1)
2015/08/03

Screen Futures 2016

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
ATOMとACMI合同の会議です。
Screen Futures 2016 発表原稿募集
会議日時 2016年6月1-3日
場所 メルボルン映画博物館
原稿の要旨締切 2015年10月30日250語

詳細は次のサイトへ
http://screenfutures.com/

From Friday 1 – Sunday 3 July 2016,Australian Teachers of Media (ATOM) and the AustralianCentre for the Moving Image (ACMI) will be presenting the2016 Screen Futures Summit & Youth Media Festival, athree-day international summit in Melbourne. Screen Futureswill bring together media educators at all levels (primary,secondary and tertiary) and media producers – bothprofessional and amateur – from around the world toilluminate and discuss the future of the screen.

The summit program will be structuredaround three related themes: Education, Innovation andIndustry. It will offer lectures, screenings andpresentations by leaders in the fields.

ATOM and its partners are currentlycalling for abstracts for theIndustry and Innovationprogram strands from presenters with an interest in thepast, present and future of the screen.

Suggested topics for papers in these twostrands include (but are by no means limited to):

  • The future of Australianbroadcast television and children’s live-actioncontent
  • The social and creativeimpact of networked media
  • Participatory culture
  • Cultural identity andrepresentation on and behind the screen
  • New screen technology
  • Innovations in mediaproduction, distribution and consumption practices
  • The growth of nicheindustries in Australia (games, visual effects,animation)
  • Content ownership andshifting audiences.
  • KEY DATES:
    Abstracts due:Midday AEST, Friday 30 October 2015
    Notification ofacceptance: Monday 30 November 2015
    Full papers due:Midday AEST, Monday 2 May 2016

    Papers may also be published in one ofATOM’s two print journals, Metro orScreen Education. Both publications are listed withthe ARC for research purposes, and contributors may requesttheir papers be peer-reviewed. Standard ATOM pay rates willapply to any papers selected for publication.

Abstracts of nomore than 250 words, plus a brief bio,
should be submitted at
screenfutures.com.


18:20 | 投票する | 投票数(1)
2015/08/03

中国第4回メディア・リテラシー国際研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
中国第4回メディア・リテラシー国際研究会開催
2015年11月5日-6日
場所:香港バプティスト大学
参加費USD90(学生半額)
発表申し込みは締め切られました
詳細は以下のサイトでご覧下さい。
http://www.comm.hkbu.edu.hk/medialiteracy2015/eng/index.html

スピーカー
Professor Andrew BURN
Dr. Donna S.C. CHU
Dr. Belinha S. DE ABREU
Professor Stephen Charles KLINE
Professor Ellen SEITER
Mr. JORDI TORRENT
Professor Jun YUAN
18:04 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2015/03/31

PLURAL+ 2015 Youth Video Festivalの募集

Tweet ThisSend to Facebook | by murakami
みなさま、

国連「文明の同盟」及び国際移住機関は、PLURAL+ 2015 Youth Video Festivalの募集を始めました。詳しい情報は以下を参照ください:
http://us6.campaign-archive2.com/?u=43819250e3b1e04ae4aeae856&id=203c40bc31&e=8e5259817e 

締め切り  2015年6月15日
Download the entry form and see the instructions on PLURAL+  website
You can watch PLURAL+ 2014 award winning videos here
For more information, please contact: plural@unaoc.org
Or find PLURAL+ on:
TwitterFacebookYouTubeVimeoGoodnessTVAmara
08:56 | 投票する | 投票数(0)
2015/03/03

UNAOCインターン募集のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by murakami
UNAOC (国連「文明の同盟」)がメディア情報リテラシープログラムのインターンを募集しています

UNAOC is looking for
Media and Information Literacy Programs Intern

Application period19-Feb-2015 to 21-Mar-2015




Much appreciated if you could  share this with your circles.


05:34 | 投票する | 投票数(0)
2015/01/17

ユネスコがめざすメディア情報リテラシーと図書館

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
平成26年度 浦安市立図書館講演会

 インターネット、テレビ、ラジオ、新聞、本、雑誌・・・。 さまざまな情報があふれている中で、正しい情報を読み解く力(=メディア情報リテラシー)はこれからますます必要になっていきます。

 YouTube、Facebook、Twitterなどの新しいメディア、スマートフォンをはじめとするコミュニケーションツールとの付き合い方、グローバルな視点を持つ事、子どもへの教育など、未来の市民としての能力を育成するために何が必要かをお話いただきます。

日時 平成27年1月25日(日) 午後2時~4時
会場 浦安市立中央図書館2階視聴覚室
テーマ 「ユネスコがめざすメディア情報リテラシーと図書館」
講師 坂本 旬氏(法政大学教授)
費用 無料
定員 先着100名(市内在住、在勤、在学に限る)

リンク 浦安市立図書館講演会


09:43 | 投票する | 投票数(0)
2014/11/27

NAMLEの会議発表の詳細

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
来年6月26,27日にフィラデルフィアで開催されるNAMLEの発表の原稿募集の詳細が発表されました。
 詳細は、以下のサイトを見てください。http://namle.net/conference/2015-cfp/#strands
投稿のテンプレートを添付しました、2015 NAMLE Conference Proposal Template.pdf
15:25 | 投票する | 投票数(0)
2014/10/25

2015 MILID Week & NAMLE 発表論文投稿

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
2015 MILID Week & NAMLE 発表論文投稿締切は2015年1月2日となっています。
ただ、詳細については、まだ表示されません。
開催日次と場所は5月の時点では以下のものですので、詳細は
NAMLEのホームページnamle.netで随時確認してください。

Philadelphia, the City of Brotherly Love, is ready to welcome the 2015 NAMLE conference. The dates are Thursday, June 25 for pre-conference sessions and an evening kick-off, and Friday and Saturday, June 26-27 for the full conference.
 
Plans are growing to make this the best NAMLE conference yet, with inspiring keynotes, interactive sessions, new research, innovative exhibitors and a great time for all.
 
The conference will be held at the beautiful Philadelphia Westin hotel, right in the heart of the city. More details to come! If you’d like to get involved, please join the conference planning committee. Contact Sherri Hope Culver, conference chair.



00:44 | 投票する | 投票数(0)
2014/10/03

MILID Yearbook2014発行

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
MILID Yearbook2014が発行されました。
次のサイトからフリーでダウンロードできます。
http://www.nordicom.gu.se/en/publikationer/global-citizenship-digital-world

17:05 | 投票する | 投票数(0)
2014/10/03

日本教育メディア学会大会

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
10月11,12日に日本教育メディア学会大会が金沢星稜大学で開催されます。
 メディア・リテラシーに関する発表も多く行われます。詳細なプログラムは次のサイトからご覧ください。
http://murai-labo.sakura.ne.jp/sub7.html
17:01 | 投票する | 投票数(0)
2014/10/02

教師のためのメディア情報リテラシーカリキュラムダウンロードサイト

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
『教師のためのメディア情報リテラシーカリキュラム』(Media and information Literacy Curriculum for Teachersの日本語版)のダウンロードサイトをユネスコが作ってくれました。
下記のサイトからフリーでダウンロードすることができます。
http://unesdoc.unesco.org/images/0019/001929/192971jpn.pdf
17:20 | 投票する | 投票数(1)
2014/10/01

2015年MILIDWeek&NAMLE開催場所

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
2015年6月26,27日のMILIDWeekとNAMLEの合同会議の場所です。
西フィラデルフィアの99 South  17th Street@Librty Placeです。


15:53 | 投票する | 投票数(0)
2014/09/23

2014 MILID Weekプログラム

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
2014 MILID Week開催
北京清華大学で9月27日28日に開催されます。詳細なプログラムを添付しました。MILIDweek_Agenda.pdf
18:35 | 投票する | 投票数(0)
2014/09/10

2017World Summit of Media for Childrenスイス開催

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
次回、2017年World Summit of Media for Childrenはスイスのダボスで開催されます。
2014年の大会は、本日9月10日マレーシアのクアラルンプールで無事終了しました。
18:56 | 投票する | 投票数(0)
2014/08/26

MILID2014 プログラム

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
MILID Week 2014のプログラムが清華大学のコミュニケーション研究所のサイトに掲載です。
http://www.media.tsinghua.edu.cn/

MILID2014.png
21:09 | 投票する | 投票数(0)
2014/08/18

MILIDのアナウンス

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
Media and I formation Literacy Intercultural Dialogueの開催日程がユネスコのサイトに掲載されていました。詳細は、以下のリンクをご覧下さい。

Media and Information Literacy and Intercultural Dialogue Week 2014, Beijing, China


11:33 | 投票する | 投票数(1)
2014/07/29

ACTFがニューズレターを発行しました

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
ACTF(Australian Children's television Foundationが新しいニューズレターを発行しました。下記のリンクで見られます。
http://actf.com.au/education/publications

Australian Children's Television Foundation
18:49 | 投票する | 投票数(0)
2014/07/15

2017年MILID大会はQUT

Tweet ThisSend to Facebook | by wada
2017年のMILID大会は、オーストラリアのブリスベンにあるQUT(Queensland University of Technology)で開催されます。日時は未定。
(QUTのDr Michael Dezuanniからの直接情報)
17:05 | 投票する | 投票数(0)
2014/05/26

日本図書館協会学校図書館部会 第43回夏季研究集会埼玉大会

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
日本図書館協会学校図書館部会 第43回夏季研究集会埼玉大会

「学校図書館の今とこれから~学びと育ちの支援を軸に~」

日本図書館協会は本年1月、公益社団法人として新たなスタートを切ることになりました。そして学校図書館をとりまく状況も大きく動いています。新しく生じた課題への対応とともに、学校図書館の未来を見すえた研究活動や実践が問われています。

情報リテラシー教育と学校図書鶴の結びつきは、近年理解が広まり、すぐれた実践も出ています。それではメディア・リテラシー教育はどうでしょうか? そもそもメヂィア・リテラシーとは何なのでしょうか?  今回は学校図書館の未来を考えるのと同時に、新しく生じた課題についても、「子どもたちの学びと育ちの支援」をキーワードに考えていきましょう。

日程
第1日 8月8日(金)  13:00~16:30
第2日 8月9日(土)  9:30~16:30

会場 :さいたま市民会館大宮・小ホール
関連ホームページ 日本図書館協会学校図書館部会

詳細はこちら→ 20140808JLA学校図書館夏季研究集会.pdf

12:08 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2014/05/26

『メディア情報教育学〜異文化対話のリテラシー』

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
『メディア情報教育学〜異文化対話のリテラシー』
著者 坂本 旬(法政大学)
出版社 法政大学出版局

 今日のネット社会では情報の波が国境を超えて移動し、さまざまな希望やひずみをともなって新しい公共圏が形成されつつある。言語や民族の壁を超えたグローバル・シチズンシップの育成に必要な「メディア情報リテラシー教育」の理念と方法を、著者自身の教育現場での異文化探究学習の体験を交えながら解説し、技術主義に陥ることなき批判的教育の可能性を提示する画期的論考。



法政大学出版局 アマゾン
09:51 | 投票する | 投票数(0) | 教材・出版
2014/05/26

法政大学図書館研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
以下の要領で研究会を開催します。司書課程の教員、学生、図書館関係者、図書館に関心のある市民の皆さんのご参加をお待ちしております。ご参加を希望される方はご連絡をお願いします。

法政大学図書館研究会(土曜の会)
講師 柳与志夫さん(国立国会図書館)
テーマ 図書館業務改革の実務と理念〜千代田図書館の経験から〜
日時 2014年5月31日(土) 18:00〜20:00
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー14階
   資格課程実習室(精密)
   http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/ichigaya/ichigaya.html
連絡先 sakamoto(at)hosei.ac.jp   ←(at)を@に置き換えてください。

終了後、飯田橋または市ヶ谷界隈で懇親会を行います。

09:29 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
123
 

UNESCO MIL CLICKS(2016)

 

GAPMIL & MILID (2015)

 

UNESCO-UNAOC MILID

 

GLOBAL ACTION PLAN



 

ユネスコMILID年報




2016年版『MILID年報』 英語版
2015年版『MILID年報』 英語版
2014年版『MILID年報』 英語版
2013年版『MILID年報』 英語版
 

ユネスコMILカリキュラム

ユネスコ(2011)
『教師のためのメディア情報リテラシーカリキュラム』

こちらからダウンロードできます。
 

世界のメディア教育政策

UNAOC・ユネスコ編『世界のメディア教育政策

こちらからダウンロードできます。
日本語版 英語版