言語選択(language select):
 
facebook
 

NEWS

AMILEC NEWS
12345
2019/05/01

JCJ夏のジャーナリスト講座

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto

JCJ夏のジャーナリスト講座が開講します。 今回は6月に集中的に5回にわたり、新聞とテレビの報道について学ぶ講座にしました。

《JCJ夏のジャーナリスト講座・全5回のお知らせ》 

メディアの世界をめざす若い人向けに、日本ジャーナリスト会議(JCJ)は毎年、ジャーナリスト講座を開いています。何のために取材し、報道するのか。現場の第一線で活躍するジャーナリストをお招きして、その問題意識を語っていただくと同時に、仕事の面白さ、魅力などにも触れます。記者の仕事につくにはどうしたらいいか、助言も受けられます。どうぞご参加ください。

■6月5日(水)午後6時半から9時半 
「少年はなぜ?闇の日々に迫る――見過ごせなかった祖父母刺殺事」                      
講師:毎日新聞・くらし医療部 山寺香記者  参加費1000円

■6月13日(木)午後6時半から9時半  
「過労社会を取材する――社会部記者の視点」   
講師:東京新聞社会部 中澤誠記者 参加費1000円

■6月18日(火)午後6時半~9時半(学生向け)  
「テレビ記者疑似体験! その厳しさ、面白さ」  
参加費1000円 
講師:元TBSキャスター・下村健一さん(令和メディア研究所主宰/白鴎大学特任教授/インターネットメディア協会理事/元内閣広報室審議官)
  
■6月22日(土)午後1時半から5時  
「新聞記者とは――警察取材から原発事故追跡まで」 
参加費1000円 
講師:朝日新聞社会部 青木美希記者 
 
■6月24日(月)午後6時半~9時半(学生向け) 
「テレビ局エントリー動画で学ぶ、映像リポート実習」
参加費1000円  
講師:元TBSキャスター・下村健一さん
      
□会場:いずれも日比谷図書文化館・4階小ホール(定員50人)  
東京都千代田区日比谷公園1-4 
最寄りは地下鉄内幸町駅か霞ヶ関駅

□要予約:参加希望日と氏名、大学名(卒業生も可)またはご職業、電話番号、メールアドレスを明記し、下記にメールかファクスでお申し込みください。
講義内容はメディア志望の学生向けです。6月18日・24日は学生限定ですが6月5日・13日・22日の講座は社会人の方の参加も歓迎します。     
メール sukabura7(アットマーク)gmail.com 
ファクス 03・3291・6478

□学生パスのお知らせ:夏6月の講座を4回以上受ける学生向けに3500円の学生パスを出します。会場で一括払いしていただければ5回まで自由に受講できます。

主催:日本ジャーナリスト会議(JCJ) 
   電話03・3291・6475(月水金の午後)


18:27 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2019/04/12

第3回世界報道の自由デー・フォーラム

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
◆ユネスコ・メディア情報リテラシーと異文化間対話大学ネットワーク企画◆
第3回 世界報道の自由デー・フォーラム  
 テーマ:民主主義と報道の役割
 ―会見の質問制限から県民投票無視まで、現状を問う―

  5月6日(月) 午後1時〜6時(開場12:30)
参加方法:下のURLをクリック
先着180名
会場:法政大学ボアソナード・タワー26 階「スカイホール」Googleマップ  キャンパスマップ
千代田区富士見 2-17-1 市ヶ谷駅から徒歩10分 (一番高いボアソナード・タワー南側玄関からお入りください。)
資料代:1000 円(学生ならびに法大教職員は無料)
懇親会:4000 円(先着 30 名)

報道の自由度ランキングが発表され、日本がG7で最下位の67位だったのを受け、国境なき記者団の東アジア総局(台北)からセドリック・アルビアーニ総局長が来日して特別講演をします。国境なき記者団は今年3月、日本の政府が記者に対して質問制限を課していることに対して反対する声明を発表しています。

特別講演を受けて、現場で活躍するジャーナリストによる報道の自由をめぐるシンポジウムを行います。首相官邸は官房長官記者会見で、記者の質問を制限するような申し入れを記者クラブにしました。自由な取材を妨害する行為として批判の輪が広がっています。沖縄の県民投票では、辺野古の新基地埋め立て工事に「ノー」の民意が示されました。にもかかわらず無視する政権には、質問制限とつながる姿勢が見られます。

なお、今年の国連世界報道の自由デー(5月3日)のテーマは、「民主主義のためのメディア: 虚偽情報時代のジャーナリズムと選挙」です。法政大学は、ユネスコ国連文明の同盟による「メディア情報リテラシーと異文化間対話」大学間ネットワーク(UNITWIN MILID)にアソシエイトメンバーとして加盟し、ユネスコとともにメディア情報リテラシー教育プログラムを進めています。

特別講演 13:00〜
 ★セドリック・アルバーニ(国境なき記者団)

シンポジウム 15:00〜
 ★コーディネーター 新崎盛吾(共同通信)
 ★シンポジスト
 南彰(新聞労連)
 山田健太(専修大学)
 島洋子(琉球新報)

懇親会 18:30〜

主催:法政大学図書館司書課程(UNITWIN MILID)
共催:アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)
協賛:日本ジャーナリスト会議(JCJ)
ビラは下にあります。

190506世界報道自由デービラ.pdf
00:18 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2019/04/09

グローバルMILウィーク2019参加募集

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto

Global Media and Information Literacy Week 2019 Feature Conference: Call for Presentations

09 April 2019

© UNESCO

The annual Global Media and Information Literacy (MIL) Week Feature Conference and Youth Agenda Forum will be held this year from 24 to 26 September under the theme “MIL Citizens: Informed, Engaged, Empowered.” UNESCO, UNAOC, the Media and Information Literacy and Intercultural Dialogue (MILID) University Network, the UNESCO-led Global Alliance for Partnerships on MIL (GAPMIL), in partnership with the local hosts County Council Region Västra Götaland and University of Gothenburg (Sweden), are pleased to invite proposals for case study/project-related presentations and academic papers for the Feature Conference.

How?

Online submissions of abstracts (500 words maximum including references), together with a short biography of each author and 3-5 keywords, should be made via this online form. Deadline: 15th May 2019.

A Scientific Committee will evaluate and select proposals based on their relevance to the sub-themes outlined, among other criteria. The authors of selected papers and presentations will be invited to present at the Global MIL Week 2019 Feature Conference on 24 and 25 September 2019 at the Swedish Exhibition & Congress Center in Gothenburg, Sweden. Selected authors will also be invited to submit full versions of their papers for publication in the MILID Yearbook 2019.

When?

  • Deadline for submission of abstract: 15th May 2019
  • Notification of acceptance: 30th May 2019 
  • Deadline for submission of full papers for MILID Yearbook 2019: 8th September 2019

Who?

All stakeholders from the MIL community across the world, including civil society groups, academic community, research centres, think tanks, governments and public policy makers, United Nations and other intergovernmental organizations, MIL-relevant industries (communication and media companies, technological intermediaries, advertising, film industries, gaming sector, content industries, etc.), other relevant private sector organizations, city officials, smart cities[1], creative cities[2], knowledge networks, education institutions, youth organizations, libraries, museums, archives, other social media actors, and information and media professionals.

Rationale

Global MIL Week Feature Conference 2019 will address the concept of MIL Citizens and how MIL can contribute to improving the levels of information, engagement, and empowerment for all. By highlighting these issues, we can progress towards the objectives of open and pluralistic information systems, promoting sustainable development, inclusion, equality, intercultural dialogue, and safeguarding democracy.

The keywords in the theme of the Feature Conference can be penetrated and discussed from the micro as well as the macro perspective, from an individual point of view as well as institutional and societal levels. In times of rapid societal changes, including in sustainable development, information, technology, and media – how can MIL empower people while building trust? Can we raise critical awareness in the use of media and information sources without risking trust? How can MIL enhance access to media and information? How can the key competencies about how to navigate in the information, media, and technological landscape be taught? Are there innovative ways of reaching out to the adult population who are outside the educational system? How can societies, through good governance, enable a positive development of MIL? What are the cornerstones in facilitating positive initiatives and actions? What can we learn from each other’s experiences to concentrate our efforts to maximize the benefits of what new technology, digitalization, and cooperation provide and to minimize the risks?

The UNESCO-led Global MIL Week Feature Conference is a forum for open and constructive dialogue and discussion about issues and topics shared in many corners of the world. It is a capstone event celebrating state of the art initiatives as well as finding ways forward.

Topics for presentations and papers should be within the fields of MIL and connected to MIL citizens as empowered and informed members of the society; examples of relevant and current research and practices contributing to the enhancement of MIL at the local, national or international levels; policy-related work and government actions that enable sustainable MIL development; studies of the use of media, information and technology as well as other innovative ways to advance MIL development among people. (Please see a list of sub-themes below).

The Global MIL Week 2019 Youth Agenda Forum will take place on 26 September 2019 at the Swedish Exhibition & Congress Center in Gothenburg, Sweden. Follow the Global MIL Week 2019 official website for updates (coming soon).

For more information, please contact Alton Grizzle (a.grizzle@unesco.org), Xu Jing (ji.xu@unesco.org), or Wang Xiaotong (x.wang2@unesco.org).

Sub-themes

  1. MIL and the SDGs
  2. Lifelong learning – MIL and the role of civil society, media, social media, and public service media
  3. Disinformation, propaganda, and MIL
  4. Promoting intercultural dialogue
  5. MIL, elections, good governance
  6. MIL and freedom of expression: Hate speech, dialogue, and engagement
  7. Youth: Formal/informal education, and peer education
  8. Youth and news
  9. Coordination and national policies concerning MIL: examples
  10. MIL assessment: Evaluation of efforts, achievements, effectiveness
  11. Teacher training; how to educate the educators?
  12. MIL role in privacy and protection of personal data (General Data Protection Regulation)
  13. MIL Futures: Innovation, best practices, challenges, the next step, where are we heading?
  14. Innovation, tools, state of the art technology such as artificial intelligence enhancing MIL

 ------------------------

1. A smart city is an urban area that uses different types of electronic Internet of things (IoT) sensors to collect data and then use these data to manage assets and resources efficiently.

 

2. Creative cities place creativity and cultural industries at the heart of their development plans at the local level and cooperating actively at the international level. The UNESCO Creative Cities Network (UCCN) was created in 2004 and currently has 180 member cities. See more: https://en.unesco.org/creative-cities/

  

 

Now on Twitter, but do not just follow me! Rather, let us walk together on Twitter for a better world and internet that enables - You, UNESCO, and me! @GrizzleAlton. Alton Grizzle, http://en.unesco.org/themes/media-and-information-literacy

Programme Specialist – Media Development and Society Section/ Médias Développement et sociétéLiberté d’expression et développement des médias, Communication and Information Sector, UNESCO, Paris – Phone: +33.1.4568.0890

 

cid:image001.png@01D4B405.A2013010

 

cid:image002.png@01D2941D.74344230

 



22:37 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2018/12/31

国境なき記者団ニュースリリース

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto

国境なき記者団2018年総括ニュースリリース

ジャーナリストへの深刻な攻撃、虐待に関するすべてのカテゴリーで数値が上昇



PDFは以下のリンクからダウンロードできます。
国境なき記者団2018年総括:記者への脅威について
17:57 | 投票する | 投票数(0)
2018/10/29

Global MIL Week 2018 Agenda

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
エストニアとラトビアで開催されたグローバルMILウィークのアジェンダです。下の画像をクリックしてください。

22:23 | 投票する | 投票数(0)
2018/09/05

多文化カフェ「メディアリテラシー教育、哲学教育、多文化教育の邂逅」

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
ユネスコ・グローバルMILウィーク企画
第26回メディア情報リテラシー研究会
多文化カフェ「メディアリテラシー教育、哲学教育、多文化教育の邂逅~それぞれの教育目標・実践を語り、将来の事業連携の可能性を探る~」
Multi-Cultural Cafe "Encounter of Media Literacy Education,Philosophy Education and Multi-Cultural Education" 
 

 「多文化」化が進む日本の地域社会の中で、多様な文化的背景を持つ人々が、“他者”とのコミュニケーションを通して、共生する地域コミュニティをどのように創造していくのか。
この「問い」は、多文化教育のみならず、メディアリテラシー教育、哲学教育に共通した重要な教育課題ではないかと思います。
 これまで、メディアリテラシー教育とESD(持続発展教育)との連携を目指したフォーラムは何度か開催されてきましたが、メディアリテラシー教育、哲学教育、多文化教育の関係者が一堂に会して、互いの教育活動を紹介する機会はありませんでした。
 そこで、多文化社会専門職機構とアジア太平洋メディア情報リテラシー教育センターとの共催事業として、三分野の実践者が出会い、それぞれの教育活動を紹介しあいながら、将来の事業連携の可能性を探るための対話セッションを企画しました。
 
〇日 時:2018年10月20日(土)14時30分~17時30分
〇会 場:NPO法人国際活動市民中心事務所スペース
(東京千代田区神田神保町2-3 神田古書センタービル6F)
〇主 催:多文化社会専門職機構、アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター
〇リソースパーソン:
坂本 旬さん(法政大学キャリアデザイン学部教授)
土屋 陽介さん(開智日本橋中学校教諭、開智国際大学非常勤講師)
〇コーディネーター:
小山 紳一郎(フリーランスプランナー、明治大学大学院兼任講師)
〇内 容:
1、趣旨説明(多文化社会の教育課題) 
2、メディアリテラシー教育の概要説明とミニ・アクティビティ(内容未定)
3、こども哲学教育の概要説明とミニ・アクティビティ(内容未定)
4、参加者の交流(全員で自分の実践を語り合う)
〇参加費:1000円
〇問合せ:新居みどり(NPO法人国際活動市民中心)03-6261-6225
★企画内容に関する問い合わせは、小山(skoyama123(アット)gmail.com)まで
〇申込み:メールに、件名「対話の場」、氏名、所属、電話、メールアドレスを記入のうえ、info(アット)cinga.or.jpへ申し込み 
申込締切 10月18日(木)17時
※ (アット)は@に変えてください。

15:30 | 投票する | 投票数(4) | 会議・研究会
2018/09/03

バッキンガム講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
デイビット・バッキンガム講演会
ユネスコMIL企画 第25回メディア情報リテラシー研究会
「デジタル資本主義時代のメディア・リテラシー教育」

ビラはこちら→
バッキンガム講演会ビラ.pdf

 世界的メディア・リテラシー研究の第一人者のデビット・バッキンガム氏を招いて講演会を開きます。バッキンガム氏は長年にわたってロンドン大学教育研究所教授として、同研究所「子ども青年とメディア研究センター」の設立者、ディレクターとして活躍されてきました。今日もブログを通じて積極的に情報を発信しています。7月にもイタリアでデジタル資本主義とメディア教育をテーマに講演をされています。

講演 デイビッド・バッキンガム
   英国ラフバラ大学名誉教授、キングス・カレッジ・ロンドン(ロンドン大学)客員教授
主催 法政大学図書館司書課程(ユネスコUNITWIN MILID)
共催
・AMILEC(アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター)
・FCTメディア・リテラシー研究所
・JCJ(日本ジャーナリスト会議)
後援 日本教育工学会SIG-08(メディア・リテラシー、メディア教育)
       東京新聞
       
FIJ(フェクトチェック・イニシアチブ・ジャパン)
日時 10月6日(土)14:00〜17:30
        開場 13:30 混雑が予想されるため早めにご来場ください。
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス・ボアソナードタワー3階
参加申込(右をクリックしてください)→申込

講演会資料代 1000円(法政大学教職員・学生は無料)
参加人数50名(先着順)

講演会はラウンドテーブル式で行います。ディスカッションの時間ではまずコメンテーターがコメントを行います。その後、フロアからもご自由に質問ができます。また、講演会は同時通訳で行います。

●コメンテーター(50音順)
上杉嘉見(東京学芸大学)
坂本旬(法政大学・AMILEC)
鈴木賀津彦(東京新聞記者・JCJ)
高橋恭子(早稲田大学・FCT)
時津啓(広島文化学園大学)
村井明日香(テレビ・ディレクター)

●タイムテーブル
14:00 主催者挨拶およびバッキンガム氏の紹介
 総合司会 村上郷子 
14:10〜15:40  バッキンガム講演(90分)
15:40〜15:50  休憩
15:50〜17:20  コメントとディスカッション(90分)
17:20〜17:30  終わりの挨拶
         講演会終了

●バッキンガム氏に関する資料

鈴木みどり監訳



09:24 | 投票する | 投票数(0) | ワークショップ・講演会
2018/06/30

シンポ「良心宣言 ジャーナリズム2018」

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto

ユネスコはこれまで「表現の自由」「報道の自由」を旗印に世界中のジャーナリストと図書館・アーカイブ活動を支援してきました。日本ではたまたま憲法記念日にあたるため、あまり知られてませんが、毎年5月3日はユネスコ「報道の自由デー」として世界中でさまざまな行事が開催されています。

そのユネスコがUNAOC(国連文明の同盟)と協力しながら全世界的に推進している活動が、「メディア情報リテラシーと異文化間対話」プログラムです。メディア情報リテラシーとはメディア・リテラシー(民主主義社会におけるメディアの機能を理解し、メディア・コンテンツを批判的に読み解き、創造・コミュニケーションする能力)と情報リテラシー(情報の必要性を把握し、収集・整理・評価する能力)を統合・発展させた新しい概念です。ジャーナリストや図書館司書、教職員、市民、学生、関連機関・組織を土台に世界中で運動が進められています。法政大学はユネスコの「メディア情報リテラシーと異文化間対話大学ネットワーク(UNITWIN MILID)」の加盟大学であり、「アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)」は「ユネスコ・メディア情報リテラシー・パートナーシップ同盟」の加盟組織です。

今年の「報道の自由デー」は「権力をチェックし続けよう! メディア・正義・法の支配」をテーマとして、政治プロセスの透明性、司法制度の独立性とメディア・リテラシー、国民への行政の説明責任、ネット上の報道の自由を確保するための現代的課題について議論されました。また、2017・2018年のユネスコ・グローバルレポートは、メディアの自由・独立性・多元性・ジャーナリストの安全の観点から世界の現状がまとめられています。法政大学でも5月3日にファクトチェックをテーマにユネスコ報道の自由デー・フォーラムを開催しています。

「良心宣言ジャーナリズム2018」はこうしたユネスコの世界的な運動に呼応するものとして、ユネスコ・メディア情報リテラシー専門官アルトン・グリズィール氏を通して「メディア情報リテラシーと異文化間対話大学ネットワーク」の活動の一つとして承認されております。この機会に、ユネスコを通した世界各国のジャーナリスト運動との連携が広がることを期待いたします。

AMILEC代表 坂本旬 
良心宣言 ジャーナリスト2018


10:29 | 投票する | 投票数(0) | ワークショップ・講演会
2018/04/05

「世界報道自由デー」フォーラム at 憲法記念日

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
「世界報道自由デー」フォーラム@憲法記念日
  (第24回メディア情報リテラシー教育研究会)

「ファクトチェックの力を確かなものに!〜日本におけるメディア、報道の自由、教育〜」

 アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センターはジャーナリスト団体、ファクトチェック団体、平和団体、ESD団体などと「世界報道自由デー」に関するフォーラムを開催します。
 今年は「フェイクニュース」「デジタルシチズンシップ」とメディア・リテラシーについて、ジャーナリスト、市民、学生、メディア・リテラシー教育関係者が語り合う機会にしたいと思います。

一般社団法人アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)は、SDGs・ESD、ユネスコと公式に連携してメディア情報リテラシー(MIL)を推進しています。


「世界報道自由デー 」フォーラム概要 
日時 5月3日(水) 午後1時-5時 
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス 富士見坂校舎3階 
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/campus/ichigaya/index.html
http://www.hoseikyoiku.jp/facilities/fujimizaka.html
当日、会場においでください。
   
主催 アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター(AMILEC)
   法政大学図書館司書課程 
共催 日本ジャーナリスト会議
   平和教育地球キャンペーン

◉進行

13:00-13:10 

主催挨拶とコーディネーター紹介 長岡素彦(AMILEC) 

◉第一部
13:10-13:50 
「ファクトチェックと世界のメディア・教育の現状」 法政大学 坂本旬

13:50-14:30 

「言論の自由の砦としてファクトチェック実践 世界と日本の現状」ファクトチェック・イニシアティブ 楊井人文

14:30-14:50 

「「記者と一緒に考える授業」づくりの実践から」東京新聞 鈴木賀津彦

14:50-15:10 休憩 


◉第二部

15:10-16:20 質疑応答、ディスカッション

16:20-17:00 参加者交流ー会場退出


12:55 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
2018/04/05

シンポジウム:「ポスト真実」時代におけるファクトチェック の可能性

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
シンポジウム:「ポスト真実」時代におけるファクトチェック の可能性
公開 · 主催者: ファクトチェック・イニシアティブ

◇日時 2018年4月22日(日) 12:30開場、13:00〜18:00
◇場所 早稲田大学早稲田キャンパス 国際会議場 井深大記念ホール(東京都新宿区西早稲田1-20-14、地図)
◇参加無料(申込フォーム)
◇プログラム
 ●開会あいさつ(瀬川至朗理事長、早稲田大学政治経済学術院教授)
 ●第1部 基調講演「トランプ政権とメディア〜ファクトチェッカーが対峙する『フェイクニュース問題』」
  講演者:アーロン・シャロックマン(PolitiFact事務局長)<同時通訳>
  モデレーター:立岩陽一郎(ニュースのタネ編集長)
 ●第2部 セッション:日本のファクトチェック最前線
  (1)ネットメディアの実践 古田大輔(BuzzFeed Japan編集長)
  (2)新聞社の実践 林尚行(朝日新聞政治部次長)
  (3)教育現場の実践 坂本旬(法政大学教授)
  (4)テクノロジー支援と市民参加の可能性 乾健太郎(東北大学大学院教授)/楊井人文(FIJ事務局長)
 モデレーター:下村健一(白鴎大学客員教授)
 ●第3部  パネルディスカッション<同時通訳>
  パネリスト:アーロン・シャロックマン、林尚行、下村健一、楊井人文
  モデレーター:小島慶子(エッセイスト)
◇共同主催 早稲田大学ジャーナリズム大学院
◇協賛 募集中
◇後援 早稲田大学メディア文化研究所、スマートニュース株式会社、法政大学図書館司書課程、認定NPO法人アイ・アジア(ニュースのタネ)、一般社団法人日本報道検証機構(GoHoo)、NPO法人 食の安全と安心を科学する会(SFSS)、Japan In-depth

詳細は以下をご覧ください。
http://fij.info/archives/news_event/18030901


12:53 | 投票する | 投票数(0) | 会議・研究会
12345
 

世界報道の自由の日 (2017)

 

UNESCO MIL CLICKS(2016)

 

UNESCO-UNAOC MILID(2015)

 

UNESCO-UNAOC MILID

 

GLOBAL ACTION PLAN



 

ユネスコMILID年報




2016年版『MILID年報』 英語版
2015年版『MILID年報』 英語版
2014年版『MILID年報』 英語版
2013年版『MILID年報』 英語版
 

ユネスコMILカリキュラム

ユネスコ(2011)
『教師のためのメディア情報リテラシーカリキュラム』

こちらからダウンロードできます。
 

世界のメディア教育政策

UNAOC・ユネスコ編『世界のメディア教育政策

こちらからダウンロードできます。
日本語版 英語版