言語選択(language select):
 

MIL(メディア情報リテラシー)関連のイベント紹介

MILイベント情報
12345
2015/07/08

フィラデルフィアMILID&NAMLE参加報告会

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
以下の日程で先日フィラデルフィアで行われたユネスコMILID報告会を開催します。

テーマ ユネスコ・メディア情報リテラシーの最新情報
    〜フィラデルフィアMILID&NAMLE参加報告〜

日時 7月11日(土)18:30〜
場所 市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー14階 資格課程実習室(精密)
   キャンパスマップ
終了後 市ヶ谷界隈で懇親会
主催 法政大学図書館司書課程(土曜会)

11:04 | 投票する | 投票数(0) | イベント案内
2015/05/01

第11回メディア情報リテラシー研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
AMILEC主催の第11回メディア情報リテラシー研究会のご案内です。

日 時: 2015年5月10日(日)15:00~17:00
場 所: 法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー14階 資格課程実習室(精密)
参加費: 無料

発表者:  有山裕美子(工学院大学附属中学・高等学校)
テーマ: 「ICTとデザイン思考」
概要: 本校では、2015年度から総合的な学習の時間の科目として、「デザイン思考」を開始すると共に、中学1年生全員にiPadを配布しました。デジタルネイティブと言われる子どもたちは、様々な情報に囲まれて生活しています。ICT機器を使いこなすという事は、単に機器の操作や機器を使った情報収集ができるだけではなく、社会や人と繋がる道具として、自分自身を表現するとともに、他者を理解するためのツールとしてICT機器を活用できることが重要であると考えます。また、これらのことは、情報リテラシーをどう身につけるかと言う点とも、深くかかわっています。本講演では、上記の点に留意しながら、「デザイン思考」担当教員として、「デザイン思考」導入の経緯と目的、そして、授業の中でiPadを中心にどのようにICTを活用していくかという点について、お話したいと思います。

研究会の後、市ヶ谷駅付近で懇親会(参加費:3000円(予定))を行います。

<キャンパスマップ>

11:46 | 投票する | 投票数(0)
2014/10/18

第10回メディア情報リテラシー研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
AMILEC主催の第10回メディア情報リテラシー研究会のご案内です。

日時 10月25日(土)19:30~21:00
場所 法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー14階 資格課程実習室(精密)
参加費 500円
定員 25名=>参加申し込みはこちら
研究会の後、市ヶ谷駅付近で懇親会(参加費:3000円(予定))を行います。

「いわきノート」は筑波大学の学生たちと映画配給会社のアップリンクが制作したドキュメンタリーです。今年の5月に劇場公開されました。今回の研究会は、メディア情報リテラシー教育の観点から、この映画を上映を通して、大学生によるドキュメンタリー制作の意義について考えたいと思います。

ドキュメンタリー映画『いわきノート』
http://www.geijutsu.tsukuba.ac.jp/~cr/iwakinote/

<キャンパスマップ>

00:33 | 投票する | 投票数(0) | イベント案内
2014/08/17

ユネスコ・国連「メディア情報リテラシーと異文化間対話」国際シンポ

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
 法政大学は、グローバル戦略の一環として、ユネスコ−UNAOC(国連文明の同盟)による「メディア情報リテラシーと異文化間対話」大学ネットワーク(UNITWIN MILID)に加盟いたしました。
 この機会に、ユネスコの本プロジェクトの責任者のグリズリ氏およびUNITWIN MILID関係者を招いて、ユネスコ・UNAOCによるメディア情報リテラシー教育プロジェクトの内容を紹介していただくとともに、本プログラムの意義および私たちがなすべき今後の活動のあり方について考えたいと思います。
 なお、本シンポジウムは9月27〜28日に北京清華大学大学で開催されるUNITWIN MILID WEEK2014のプレ会議に位置づけられています。 

主催:法政大学社会学部 
協力:AMILEC(アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター) 
後援: 日本ユネスコ国内委員会・公益社団法人日本図書館協会
日時:2014年9月24日(水)13:00〜
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス
    ボアソナードタワー26階 スカイホール
参加費:無料 
参加登録の方法 クリックしてください→参加登録

プログラム:
13:00〜  開会の挨拶
13:15〜14:10 基調講演
 アルトン・グリズリ氏
(ユネスコ・コミュニケーションと情報局メディア情報リテラシー・プログラム専門官)
  「なぜユネスコは今、メディア情報リテラシー教育なのか」(仮)
 藤田真文(法政大学社会学部教授)
  「法政大学におけるメディア情報リテラシー教育の今後の展開」
14:20〜15:45 ラウンドテーブル
 コーディネーター 村上郷子(AMILEC理事・GAPMIL運営委員)
 話題提供
 ホセ・トーネロ氏(バルセロナ自治大学コミュニケーションと教育学部長)
 坂本 旬(AMILEC代表・法政大学キャリアデザイン学部教授)
 サミー・タイー(カイロ大学マスコミニュケーション学部長・UNITWIN MILIDチェア)
 キャリライン・ウィルソン(オンタリオ大学・GAPMIL運営委員長)
16:50〜  閉会の挨拶:増田正人 法政大学国際学術支援本部担当常務理事
 ※17:00 終了予定 その後、情報交換会



13:00 | 投票する | 投票数(0) | イベント案内
2014/06/30

第9回メディア情報リテラシー研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by Web管理者
法政大学キャリアデザイン学部坂本旬研究室・
AMILEC(アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター)合同企画

マクルーハン『メディア論』出版50周年記念
ドキュメンタリー映画「McLuhan's Wake」上映会&講演会

今年はマーシャル・マクルーハンの『メディア論(Understanding Media: The Extensions of Man)』(1964年)が刊行されて50周年にあたります。本書はとして日本でも出版され、多くの研究者に愛読されています。この記念の年に、ケビン・マクマホン監督によるドキュメンタリー映画『McLuhan's Wake』の特別上映会と、日本のマクルーハン研究の第一人者である青山学院大学の宮澤淳一先生をお招きした講演&トークを行います。

「コミュニケーションとメディア研究の元祖」といわれるマクルーハンの業績を振り返るとともに、新たなメディアに取り囲まれている現在のメディアを読み解くよい機会となることでしょう。ぜひ、皆様のご参加をお待ちしております。

・コーディネータ 上松恵理子 武蔵野学院大学准教授  
・ゲスト・スピーカー:宮澤淳一 青山学院大学教授
・コメンテータ: 法政大学の学生の皆さん
坂本旬 法政大学教授 
宮澤淳一青山学院大学教授
 
日時: 2014年8月2日(土)、13:30から
場所: 法政大学市ヶ谷キャンパス
ボアソナードタワー3階マルチメディアスタジオ
言語: 英語/日本語
費用: 無料、登録制 (こくちーず
(法政大学生および教職員は登録なしで参加可となります。)
ご協力: カナダ大使館
登録受付は定員となり次第締め切らせていただきます(定員40名)。
問い合わせ先 坂本旬研究室 坂本旬E-mail: sakamotoアットマークhosei.ac.jp
(アットマークを@にしてください。)
 
映画情報:McLuhan's Wake カナダ国立映画制作庁、2002年
93分49秒
監督:ケビン・マクマホン
日本語字幕:青山学院大学映像翻訳ラボ (協力:日本映像翻訳アカデミー)
言語: 英語/日本語
ご協力: カナダ大使館
 
プログラム
コーディネータ挨拶 13:30~
ゲスト・スピーカーによる講演13:35~14:20
上映 14:30~ その後休憩
学生の皆さんとのトークディスカッション 16:30~17:30
司会 上松恵理子(武蔵野学院大学准教授)
坂本旬(法政大学教授) 宮澤淳一(青山学院大学教授)
懇親会 18:00~ (追ってご案内いたします。)

14:23 | 投票する | 投票数(1)
12345
 

世界報道の自由の日 (2017)

 

UNESCO MIL CLICKS(2016)

 

UNESCO-UNAOC MILID(2015)

 

UNESCO-UNAOC MILID

 

GLOBAL ACTION PLAN



 

ユネスコMILID年報




2016年版『MILID年報』 英語版
2015年版『MILID年報』 英語版
2014年版『MILID年報』 英語版
2013年版『MILID年報』 英語版
 

ユネスコMILカリキュラム

ユネスコ(2011)
『教師のためのメディア情報リテラシーカリキュラム』

こちらからダウンロードできます。
 

世界のメディア教育政策

UNAOC・ユネスコ編『世界のメディア教育政策

こちらからダウンロードできます。
日本語版 英語版