facebook
 

NEWS

AMILEC NEWS >> 記事詳細

2021/06/04

MILアライアンスニュース(2021/5/31)

Tweet ThisSend to Facebook | by sakamoto
MIL アライアンスニュース Vol2 No.5 (2021.5.31)

メディア情報リテラシーによる報道の自由と説明責任の強化

2021年の世界報道の自由の日は、「公共財としての情報」をテーマに、メディア情報リテラシー(MIL)を高めることで、公共財としての情報の重要な一部であるジャーナリズムを守り抜く力を人々に与えることの重要性を強調しました。

メディア情報リテラシーとは、創造的、法的、倫理的な手段を用いて、適切なチャンネルやツールを用いて、情報やメディアコンテンツに効果的にアクセスし、分析し、批判的に評価し、解釈し、利用し、作成し、発信することができる能力です。

これらの能力により、人々は、権力に責任を負わせ、国民に情報を提供し、人々の声を伝えるプラットフォームを提供し、公共の関心事についての議論を促進する、自由で独立した透明な報道機関の役割を理解し、評価することができます。同時に、MILは市民がメディアに信頼できる情報、独立性、透明性、説明責任を求める力を与えるものです。

2021年の「世界報道の自由の日」の活動では、世界中でMILを高めるための取り組みが議論されました。しかし、MILへの取り組みが盛んになるにつれ、新たな課題も出ています。

誤報や偽情報は世界的に問題視されており、特にインターネット上では誤った情報を広める仕組みがますます巧妙になっています。このような「情報の氾濫」は、COVID-19パンデミックへの対応をさらに複雑なものにしています。それは、一般の人々が信頼できる健康情報にアクセスすることを難しくしているからです。

また、今年の「世界報道の自由の日」の活動では、メディアの経済的な存続もテーマになっています。経済的な理由であれ、政治的な理由であれ、世界のさまざまな地域で報道機関が閉鎖され、信頼できる情報源を失った結果、苦しむのは人々です。

メディアに対する国民の信頼の低下、情報源としてのソーシャルメディアへの依存、報道機関やジャーナリストの信頼性への攻撃は、継続的な調査と注意が必要な緊急課題です。

このような複雑で相互に関連する問題に様々な国が直面しているため、より多くのMILの取り組みが必要です。報道の自由を守り、質の高いジャーナリズムを求め続けるためには、報道の重要性と、報道機関の持続性と説明責任を確保するための市民の役割について、市民に教育するための多部門にわたるコミュニティベースの取り組みが必要なのです。

ホセ・ルベン・Q・アラガランII博士
ユネスコ メディア情報リテラシー同盟 アジア太平洋地域代表
フィリピン メディア情報リテラシー協会(PAMIL)名誉会長


14:14 | 投票する | 投票数(0)
 

世界報道の自由の日 (2017)

 

UNESCO MIL CLICKS(2016)

 

UNESCO-UNAOC MILID(2015)

 

UNESCO-UNAOC MILID

 

GLOBAL ACTION PLAN



 

ユネスコMILID年報



2018/19年版『MILID年報」 英語版
2016年版『MILID年報』 英語版
2015年版『MILID年報』 英語版
2014年版『MILID年報』 英語版
2013年版『MILID年報』 英語版
 

ユネスコMILカリキュラム

ユネスコ(2011)
『教師のためのメディア情報リテラシーカリキュラム』

こちらからダウンロードできます。
 

世界のメディア教育政策

UNAOC・ユネスコ編『世界のメディア教育政策

こちらからダウンロードできます。
日本語版 英語版